女子野球Webマンガ
  • JWBL TOPにもどる

ほかの話を読む

ほかの話を読む

女子野球WEBコミック
花鈴のマウンド1巻あらすじ 花鈴のマウンド1巻目次
二人の野球女子、バットを構える美玲とグローブを掲げる花鈴 湧き上がる歓声と甲子園球場
球場のグラウンド、応援席には星桜高校の生徒 甲子園球場の電光掲鈴示板をバックに野球ボールを突き出す花
構えるバッター、投手(ピッチャー)花鈴は大きく振りかぶる 志を胸に、一歩大きく踏み出し投球する
力一杯野球ボールを投げ込む投手(ピッチャー)花鈴 野球ボールは力強くキャッチャーミットに収まる
「夢を叶えたい」 甲子園球場の電光掲示板をバックに投球を終える花鈴
野球ボールを大きく空へ掲げる花鈴 夢の舞台、甲子園に立ち野球ボールを大きく掲げる野球女子花鈴
教室の椅子から勢いよく立ち上がる花鈴、野球ボールを掲げた体制の花鈴をクラスメイトは一斉にみつめる 先生に怒られる花鈴、クラスメイトがクスクスと笑う。彼女は桐谷花鈴、星桜高校3年生。女子硬式野球部の投手で夢は甲子園でプレーすること
昼休みのチャイムが鳴る。食堂で宙子が大盛りのカレーを注文する。 花鈴がお腹を鳴らしながら廊下を歩く。職員室に到着し先生に促されるまま椅子に座る。
居眠りしていたことを注意される。先生の長いお説教が始まり眠くなってしまう花鈴。 うとうとしていたところで大きな声で名前を呼ばれ起きる花鈴。先生は諦めたようでお説教が終わる。
舞台は食堂に出す。彼女は清澄変わる。宙子が授業中に寝ていた花鈴のことを話題に宙子、星桜高校3年生。女子硬式野球部の捕手。宙子がその話題に食いつく。 彼女は麻生小春、星桜高校3年生。女子硬式野球部の主将で遊撃者。話題は甲子園に変わる。
女子勢硬式野球部が練習している。バットをいよく振り女子部員たちの指導をするのは月島郁絵、硬式野球部の監督。 月島監督のスパルタ指導が続く。
花鈴と宙子はピッチング練習場で練習をしている。 花鈴が投球のフォームになり、キャッチャーミット目掛けてボールを投げる。
そんな練習風景にカメラを向ける記者 彼の名前は真田実秋招、女子野球専属のフリーター
花鈴が記者の隣に置かれている月間雑誌を発見する。そこには春のセンバツで戦った相手、京都雅高校の柊木美玲の特集が書かれていた。春のセンバツの回想に入る… 花鈴のマウンド新装版一巻から三巻まで絶賛発売中!全国有名書店やウェブサイト、電子書籍でお買い求めいただけます。
次の話を読む コミックを購入する 女子野球WEBコミックトップに戻る
花鈴のマウンド1巻あらすじ
花鈴のマウンド1巻目次
二人の野球女子、バットを構える美玲とグローブを掲げる花鈴
湧き上がる歓声と甲子園球場
球場のグラウンド、応援席には星桜高校の生徒
甲子園球場の電光掲鈴示板をバックに野球ボールを突き出す花
構えるバッター、投手(ピッチャー)花鈴は大きく振りかぶる
志を胸に、一歩大きく踏み出し投球する
力一杯野球ボールを投げ込む投手(ピッチャー)花鈴
野球ボールは力強くキャッチャーミットに収まる
「夢を叶えたい」
甲子園球場の電光掲示板をバックに投球を終える花鈴
野球ボールを大きく空へ掲げる花鈴
夢の舞台、甲子園に立ち野球ボールを大きく掲げる野球女子花鈴
教室の椅子から勢いよく立ち上がる花鈴、野球ボールを掲げた体制の花鈴をクラスメイトは一斉にみつめる
先生に怒られる花鈴、クラスメイトがクスクスと笑う。彼女は桐谷花鈴、星桜高校3年生。女子硬式野球部の投手で夢は甲子園でプレーすること
昼休みのチャイムが鳴る。食堂で宙子が大盛りのカレーを注文する。
花鈴がお腹を鳴らしながら廊下を歩く。職員室に到着し先生に促されるまま椅子に座る。
居眠りしていたことを注意される。先生の長いお説教が始まり眠くなってしまう花鈴。
うとうとしていたところで大きな声で名前を呼ばれ起きる花鈴。先生は諦めたようでお説教が終わる。
舞台は食堂に出す。彼女は清澄変わる。宙子が授業中に寝ていた花鈴のことを話題に宙子、星桜高校3年生。女子硬式野球部の捕手。宙子がその話題に食いつく。
彼女は麻生小春、星桜高校3年生。女子硬式野球部の主将で遊撃者。話題は甲子園に変わる。
女子勢硬式野球部が練習している。バットをいよく振り女子部員たちの指導をするのは月島郁絵、硬式野球部の監督。
月島監督のスパルタ指導が続く。
花鈴と宙子はピッチング練習場で練習をしている。
花鈴が投球のフォームになり、キャッチャーミット目掛けてボールを投げる。
そんな練習風景にカメラを向ける記者
彼の名前は真田実秋招、女子野球専属のフリーター
花鈴が記者の隣に置かれている月間雑誌を発見する。そこには春のセンバツで戦った相手、京都雅高校の柊木美玲の特集が書かれていた。春のセンバツの回想に入る…
花鈴のマウンド新装版一巻から三巻まで絶賛発売中!全国有名書店やウェブサイト、電子書籍でお買い求めいただけます。
次の話を読む コミックを購入する 女子野球WEBコミックトップに戻る
花鈴のマウンド1巻あらすじ
花鈴のマウンド1巻目次
二人の野球女子、バットを構える美玲とグローブを掲げる花鈴
湧き上がる歓声と甲子園球場
球場のグラウンド、応援席には星桜高校の生徒
甲子園球場の電光掲鈴示板をバックに野球ボールを突き出す花
構えるバッター、投手(ピッチャー)花鈴は大きく振りかぶる
志を胸に、一歩大きく踏み出し投球する
力一杯野球ボールを投げ込む投手(ピッチャー)花鈴
野球ボールは力強くキャッチャーミットに収まる
「夢を叶えたい」
甲子園球場の電光掲示板をバックに投球を終える花鈴
野球ボールを大きく空へ掲げる花鈴
夢の舞台、甲子園に立ち野球ボールを大きく掲げる野球女子花鈴
教室の椅子から勢いよく立ち上がる花鈴、野球ボールを掲げた体制の花鈴をクラスメイトは一斉にみつめる
先生に怒られる花鈴、クラスメイトがクスクスと笑う。彼女は桐谷花鈴、星桜高校3年生。女子硬式野球部の投手で夢は甲子園でプレーすること
昼休みのチャイムが鳴る。食堂で宙子が大盛りのカレーを注文する。
花鈴がお腹を鳴らしながら廊下を歩く。職員室に到着し先生に促されるまま椅子に座る。
居眠りしていたことを注意される。先生の長いお説教が始まり眠くなってしまう花鈴。
うとうとしていたところで大きな声で名前を呼ばれ起きる花鈴。先生は諦めたようでお説教が終わる。
舞台は食堂に出す。彼女は清澄変わる。宙子が授業中に寝ていた花鈴のことを話題に宙子、星桜高校3年生。女子硬式野球部の捕手。宙子がその話題に食いつく。
彼女は麻生小春、星桜高校3年生。女子硬式野球部の主将で遊撃者。話題は甲子園に変わる。
女子勢硬式野球部が練習している。バットをいよく振り女子部員たちの指導をするのは月島郁絵、硬式野球部の監督。
月島監督のスパルタ指導が続く。
花鈴と宙子はピッチング練習場で練習をしている。
花鈴が投球のフォームになり、キャッチャーミット目掛けてボールを投げる。
そんな練習風景にカメラを向ける記者
彼の名前は真田実秋招、女子野球専属のフリーター
花鈴が記者の隣に置かれている月間雑誌を発見する。そこには春のセンバツで戦った相手、京都雅高校の柊木美玲の特集が書かれていた。春のセンバツの回想に入る…
花鈴のマウンド新装版一巻から三巻まで絶賛発売中!全国有名書店やウェブサイト、電子書籍でお買い求めいただけます。
次の話を読む コミックを購入する 女子野球WEBコミックトップに戻る

ほかの話を読む

JWBL TOPにもどる わかさの広場 TOPにもどる
MENU